So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘイトスピーチとは?在特会とは?大阪市長と論争 [日本]

在特会とは(在日特権を許さない市民の会)であり、

在特会のサイトでは、、、

在日特権とは何か? と問われれば、何より「特別永住 資格」が
挙げられます。これは1991年に施行された「入管特例法」 を
根拠に、旧日本国民であった韓国人や朝鮮人などを対象に与えられた特権です。
在日特権の根幹である入管特例法を廃止し、在日をほかの外国人と平等に
扱うことを目指すことが在特会の究極的な目標です。

とあります。


在特会の正体とは、なぜか特権的な優遇を受け続けている在日韓国人、
朝鮮人を通常の外国人と同等に平等に扱え、と訴え続ける桜井誠会長の
主張に賛同した日本人及び在日外国人が集まった全国的市民組織です。


「ヘイトスピーチ」とは(憎悪表現)のことであり
と呼ばれる人種差別的な街宣活動への対策を検討する意向を示している
橋下徹大阪市長は20日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の
桜井誠会長と市役所で対面した。

話し合いは平行線をたどりましたね。。。

面談は10分足らずで終了。。。


政治と市民団体

過激とされる表現

果たして何が真実なのだろうか

何が正しいのだろうか

歴史を振り返るべきなのだろうか

現在の韓国は?朝鮮は?

出口のない

答えのだせない

難しい話だ

誰がどうやって決めるのか

政治が正しいのか

団体が正しいのか

正しさとはなんだろう

一体こんな話題に何を思えばいいのだろう

いまを生きる僕には何ができるだろう


なんだか悲しい

人間はこんなことのために生きてるんじゃいって思いたい

でも現実で起きているのなら僕も何を考えればいいか考えよう。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。